行政書士になるためには長期に渡る学習期間が必要

ウーマン

難易度の低いルートで

保育士の資格は、養成学校で指定された内容を学ぶことで、国家試験を受験せずに取得できます。養成学校に通わない場合には、実務経験を積んでから国家試験を受験することになります。難易度が高く、長い年月がかかることもあるため、多くの人が養成学校で学ぶルートを選択しています。

効率よく勉強する方法

勉学

計画を立てることが大事

資格取得には、学習期間を設定しておくと目標や学習スケジュールを立てることができます。特に、合格率が低い行政書士の資格取得では、試験日までの学習期間の中で効率よく勉強をする方法を見つけることが大事なのです。行政書士は、国家資格であり受験資格がなく誰でも受験できる資格です。年齢や学歴に関係ないので、勉強をして合格すれば誰でもなれます。試験は年に1回あるので、通常なら学習期間を1年で設定する人が多いのではないでしょうか。公表されている受験者のデータを見ると、30代と40代が多く受験しています。仕事をしながら行政書士試験の勉強をしている人が多いと予想できます。仕事をしながらの勉強だと、時間の確保が難しいこともあり、通信教育での勉強が人気です。通信教育のテキストは効率よく勉強できる内容の他に、講師へ質問ができたり添削問題を提出できるメリットがあります。学習期間を6か月と設定している講座もあります。費用を抑えるためには独学という方法があります。この場合、1000時間必要と言われています。過去問題の分析等を一人で行うため、計画が重要になります。また、通学という方法があります。直接講師の授業を受けることはテキストを読むよりも分かりやすいです。行政書士の資格の勉強法はいろいろありますが、よく比較し検討して決める必要があります。いずれの方法でも、計画を立てて学習のリズムなどペースをつかむことも大切な勉強方法のひとつです。

先生と子供

保育系の学校で得る資格

厚生労働大臣が指定する保育士養成課程がある4年制の大学では保育士の国家試験を受けなくても卒業時に保育士資格が与えられます。また、大学在学中に幼稚園教諭や社会福祉士などの福祉系の資格取得が可能ですから卒業後の就職先の選択肢を広げることができます。

先生と子供

幼稚園の先生になろう

幼稚園の先生になるためには、幼稚園教諭の教員免許状が必要です。教員免許状には様々な種類があるので、まずは自分の取得したい免許状や資格が取得できる大学を探し、事前に各大学のカリキュラムなどの情報収集をして志望校を決めましょう。