行政書士になるためには長期に渡る学習期間が必要

勉強道具

保育系の学校で得る資格

先生と子供

取得可能な資格と目的

近年は女性の社会進出によって子供を預けるための保育園不足している状態です。これを受けて人材を確保したい企業内の保育施設や個人が運営する少人数の保育施設での保育士の求人も増えています。需要が高い保育士は国家資格なので保育士国家試験に合格する必要があります。しかし、厚生労働大臣が指定する保育士養成施設で学べば国家試験を受けなくても保育士資格が与えられます。厚生労働大臣が指定する保育士養成施設とは保育課程がある大学や短大、専門学校のことで卒業時に保育士の資格が与えられます。これらの施設では保育に関する知識を学び、実習先の保育園などで子供たちと関わることで、子供達や親、ほかの保育士とのコミュニケーションの仕方なども実践的に学ぶことができます。保育課程がある大学の特色としては4年間の在学時に保育士以外の資格取得ができることです。大学は短大や専門学校よりも約2年間長く学校に在籍するので、その間に幼稚園教諭、社会福祉士などの福祉系の資格を取得することができます。保育士の資格を目指して大学に入っても、興味があれば社会福祉士や介護福祉士などの福祉関係に進むことが可能です。また、将来は保育園の経営者を目指したいという方には保育課程がある大学を選ぶと良いでしょう。保育について深く学びたい、ほかの資格も取得したい、将来は保育園の経営を考えているなどの目標がある方は保育課程がある4年制大学への進学がお勧めです。