行政書士になるためには長期に渡る学習期間が必要

勉強道具

難易度の低いルートで

ウーマン

国家試験を受けずに取得

保育士は国家資格ですが、専門学校や大学といった養成学校で学習すれば、国家試験を受験せずに取得することが可能となります。つまり指定されている授業を受けるだけで、資格を確実に取得できるわけです。逆に養成学校に通わずに保育士を目指す場合には、最終学歴に応じた実務経験を積んだ後に、国家試験を受けることになります。たとえば中卒の場合は、保育士のアシスタントといった立場で約5年間働いてから、国家試験を受験するのです。しかも国家試験の実施回数は年に2回となっているので、1回で合格できなかった場合には、資格取得が可能となるのは最短で半年後となります。合格率は10〜20%となっているので、資格取得までに数年かかるという人も多くいます。そのため、保育士になることを希望する人の多くが、養成学校への通学を選択しています。養成学校には、基本的には高校卒業後に入学することになりますし、なおかつ通学する期間は2年ないし4年となっています。したがって、中学卒業後に実務経験を積むというルートと同じように、資格取得までには最短で5年の年月が必要となります。とはいえ、国家試験を受ける必要がない分、難易度は低めと言えます。さらにこのルートの場合、最終学歴が専門学校卒あるいは大卒となるため、それが就職後の待遇に反映されることもあります。給料が高めになる可能性があるということですから、この点もまた、資格取得を養成学校で目指すルートのメリットとされています。