行政書士になるためには長期に渡る学習期間が必要

勉強道具

幼稚園の先生になろう

先生と子供

免許を取得しよう

将来の夢が幼稚園の先生だという人は、大学に行って幼稚園教諭の教員免許状を取得しましょう。教員免許状には、幼稚園教諭、小学校教諭、中学校教諭、高等学校教諭の四種類があります。中学校教諭と高校教諭の免許状に関しては、各科目の免許状に分かれています。どの教員免許状も、文部科学省で取得するように決められているカリキュラムを各大学の講義で勉強して、教育実習を経て取得します。教員免許状を取得するために試験はありませんが、各学校に就職するために、教員採用試験などを受験する必要があります。最近は、幼稚園教諭を目指す学部でも、幼稚園教諭の免許状だけでなく他の免許状や資格も同時できる大学が増えてきています。例えば、保育に力を入れている大学では幼稚園教諭の免許状と保育士の資格を同時に取得できるところが多く、大学によっては、特に教員養成系の学部では、幼稚園教諭、小学校教諭、中学校教諭、高等学校教諭の全ての免許状を取得できるところもあります。免許状には専修免許状、一種免許状、二種免許状があります。専修免許状は大学院卒業で、一種免許状は四年制大学卒業で、二種免許状は短期大学卒業で得ることができます。どの免許状を取得したいかで選ぶ大学が変わってきます。行きたい大学がまだ決まっていない人は、しっかり情報収集をして、その学校でどの免許状や資格が取得できるかや、どのような実習があるのかなど、事前に調べておくのが大切です。